伊藤健太郎がテレビで真相告白 「夢なら早く覚めてくれって、ずっと思ってました」

[ 2021年5月1日 22:21 ]

伊藤健太郎
Photo By スポニチ

 道交法違反(ひき逃げ)などの疑いで逮捕され、不起訴となった俳優の伊藤健太郎(23)が1日、TBS「新・情報7daysニュースキャスター」(土曜後10・00)にVTR出演。真相をテレビ初告白した。

 伊藤は昨年10月28日、東京・千駄ケ谷の都道をUターンして対向車線に入り、直進してきたバイクと衝突。男女2人に左脚骨折などの重傷を負わせ、救護せずに立ち去った疑いで同日逮捕されたが今年3月25日に東京地検が不起訴とした。地検は、示談が成立して2人が処罰を望んでいないことから過失傷害容疑は起訴猶予に。ひき逃げ容疑については、犯意が認められず嫌疑不十分にしたと説明した。

 番組のインタビューに応じた伊藤は事故について振り返り「(あの時に)戻れるとしたらすぐその場で(車を)止めて駆け寄って、自分で救急車だったり警察だったりを呼ぶっていうことを、なんであの時できなかったんだろうというのはずっと思いますし、戻れることならってずっと思っています」とコメントした。

 止まらなかった理由を問われると「自分も冷静になって考えると、それがもちろんベストな選択だったし、何で止めなかったんだろうって。あそこでハザードを焚いて、バイクの盾になるぐらいのこともできたはずだしと思うんですけど、今は」とし「当たってしまったのがバイクなのかガードレールなのか自転車なのかわからない状態だった」と振り返った。

 さらに「一周して左折を繰り返してその場に戻ろうというのに必死だった。自分としては逃げている認識はなかった」と逃げたつもりはなかったとした。

 現場に戻った伊藤を目撃した人は謝る素振りがなかったと証言し、携帯をいじっていたという報道については「僕が駆け付けたときにいろいろ(被害者の方と)お話をして、『すみませんでした』とやっているところじゃないところを、その方が見られたのかなと思う」と語った。さらに「携帯を触っていたのも事実ですし、社長に連絡しなきゃいけなかったので連絡をしている中で触っていたところを傍から見たら携帯をいじっているのかと見られることもあると思う。そうやって思われてしまったら、しようがないことなので」と口にした。

 翌日の朝に原宿署から連絡が入り出頭。手錠をかけられた時は「冷たかった。あとは重かったですね」とし「夢なら早く覚めてくれって、ずっと思ってましたね」と神妙な顔で話した。


 伊藤は不起訴となった3月25日、自身のツイッターなどに「関係者、ファンの皆様に多大なるご迷惑ご心配をおかけしましたことを改めてお詫(わ)び申し上げます。事故によってお怪我(けが)をされた被害者の方にも改めて心からお詫びを申し上げます」と直筆文を投稿している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「加藤綾子」特集記事

2021年5月1日のニュース