米映画「ゴジラVSコング」14日予定の公開延期、コロナ感染拡大影響

[ 2021年5月1日 05:30 ]

米映画「ゴジラvsコング」で、決戦の地・香港でのゴジラとキングコングのバトルシーン
Photo By 提供写真

 14日に公開を予定した米映画「ゴジラvsコング」が、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で延期されることになった。30日、配給の東宝が発表した。

 同作は、破壊神ゴジラと守護神キングコングの一大決戦を描くハリウッド大作。日本から小栗旬(38)が出演していることも話題で、3月31日に封切られた全米では興行収入8600万ドルを超え、コロナ禍以降の最高成績を収めている。新たな公開日に関しては、決まり次第、東宝の公式サイトなどで報告される。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年5月1日のニュース