コロナ感染のノンスタ石田 ホテル療養に、妻・娘は陰性「普通に泣いてしまいました。よかった」

[ 2021年4月22日 15:47 ]

「NON STYLE」の石田明
Photo By スポニチ

 新型コロナウイルスに感染したお笑いコンビ「NON STYLE」の石田明(41)が22日、ブログを更新。同日から「ホテル療養」となり、家族4人がPCR検査の結果「陰性」だったと報告した。

 「ホテル療養になりました」のタイトルで記事を新規投稿。「そもそも今日からホテル療養になるという話は進んでいたんですが『嫁さんと娘たちのPCR検査の結果が出てから決めてもいいですか?』と保健所の方に相談していた」という。

 妻と娘3人の検査に関して「全員陽性だったら、みんなで自宅療養、陽性と陰性がいたら、陽性と陰性にわかれて自宅隔離、全員が陰性だったら、僕だけホテル療養」の可能性があったとし、石田自身のホテル療養が決まった。「つまり、先ほど結果が出て、僕以外の4人は陰性だったということです」と説明し、「はい。普通に泣いてしまいました。よかった。とりあえずだけど、本当によかったです」と安堵した。

 14日に相方の井上裕介(41)の感染が判明した。石田は濃厚接触者と判断され自宅隔離を行うも21日、2度目のPCR検査で陽性認定となったことが明らかに。「僕も陰性から陽性になったというのもあるので油断はできません」と気を引き締めた石田は、「嫁さんたちが濃厚接触者ということはかわりませんので、引き続き経過観察してもらいつつ、家で過ごしてもらいます。石田家がんばります!」とつづった。

 一方の井上も22日にブログを更新し、ホテルでの療養期間が終了した事を伝えた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月22日のニュース