爆問・田中「どんなことがあっても阻止」、NG仕事を告白「芸能界を辞めるかも、くらい強く反対」

[ 2021年4月22日 15:09 ]

爆笑問題の田中裕二
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ、爆笑問題の田中裕二(56)が21日深夜放送のテレビ朝日「お願い!ランキング」(月~木曜0・50)内の水曜日コーナー「太田伯山ウイカの『はなつまみ』」に出演し、NGにしている仕事を告白した。

 視聴者から「すぐ『NGです』って言う人が苦手」との意見が寄せられた。これに関連して、共演者に「爆笑問題2人のNGなことってあるんですか?」と尋ねられると、太田光(55)は「俺は基本的には無いです」。一方の田中は「俺は、ちょこちょこあります」と打ち明けた。

 具体的に「ミミズNG」と挙げ、「とにかくダメなんです。どんなことがあっても阻止するし、芸能界を辞めるかもしれないくらい、強く反対します」と訴えた。もう一つは「エレクトリックNG」という。バラエティー番組などで見られる「電気ビリビリ系」が苦手と説明し、「一切ダメ」とした。

 太田はフジテレビ「笑っていいとも!」のレギュラーを務めていたころの出来事を紹介。クイズコーナーで、負けたチームのイスから、罰ゲームとして電気が流れたと振り返り、「コイツ(田中が)本当に途中で嫌だって言い出して。タモリさんですらやってんだよ。それでやめさせたんだからね、その企画。そのコーナーなくなったんだよ、全曜日にあったのに。コイツのクレームでなくなった」と暴露した。田中は苦笑しきり。「俺は本当にあれがダメで」と話していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月22日のニュース