永野芽郁が謝罪!?「映画とはいえOLのイメージを大きく変えてしまったことをおわびします」

[ 2021年4月22日 05:30 ]

ファイテングポーズの(前列左から)菜々緒、永野芽郁、広瀬アリス(後列左から)小池栄子、大島美幸、川栄李奈、遠藤憲一(撮影・西尾 大助)  
Photo By スポニチ

 女優永野芽郁(21)が21日、都内で行われた主演映画「地獄の花園」(5月21日公開、監督関和亮)の完成報告イベントに出席した。

 お笑い芸人バカリズム(45)が脚本を担当。一見普通に見えるOLたちが社内の派閥争いで日々肉弾戦を繰り広げる物語で、永野は「映画とはいえ暴言を吐き続け、OLのイメージを大きく変えてしまったことをおわびします」と頭を下げた。

 出演者全員が劇中の衣装で登場。おつぼねOLを演じた俳優の遠藤憲一(59)は黒いガーターベルト姿。「もうすぐ還暦だけど、いくつになってもとっぴな役をもらえるのはうれしい」と笑顔を見せた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月22日のニュース