井ノ原快彦主演「特捜9」 3話連続視聴率2ケタ 11・9%

[ 2021年4月22日 10:30 ]

羽田美智子
Photo By スポニチ

 V6の井ノ原快彦(44)が主演を務めるテレビ朝日の刑事ドラマ「特捜9 season4」(水曜後9・00)の第3話が21日に放送され、平均世帯視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)は11・9%だったことが22日、分かった。

 第1話は13・2%、第2話は13・7%と好視聴率を記録しており、3話連続で2ケタをマークした。

 個性派刑事たちの奮闘を描く人気シリーズ。主人公の特捜班リーダー・浅輪直樹を井ノ原快彦を演じるほか、刑事役で羽田美智子(52)、津田寛治(55)、山田裕貴(30)、吹越満(56)、田口浩正(53)が出演する。

 第3話は、特捜班のメンバー・村瀬健吾(津田)がある朝、着なくなった服を整理していたところ、古いスーツのポケットからブドウをかたどったイヤリングを見つけたが、いつどこで紛れ込んだのかまったく思い出すことができない。

 通勤途中に会った浅輪直樹(井ノ原)に件のイヤリングを見せて心当たりがないか聞いてみるが、まったく知らないという。いったいこのイヤリングは何だったのか?と考えるうちに、遺留品がポケットに残っていたのではないかという疑惑にたどり着く。しかし、大事な証拠品を紛失していたとなれば懲戒処分も免れないと聞きつけた村瀬は大いに焦る。村瀬は様々な記憶を呼び起こし、イヤリングの謎に迫ろうとする。

 この日、特捜班には出動要請が入らず、何もかもが穏やかに過ぎていくと思われたのだが…という展開だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月22日のニュース