乃木坂・久保史緒里 「クロシンリ」で初の連ドラ主演 「顔が大人っぽくなったねと」

[ 2021年4月22日 12:14 ]

カンテレのドラマ「クロシリ」で主演を務める乃木坂46・久保志緖里(提供・カンテレ)
Photo By 提供写真

 カンテレ・BSフジ制作のドラマ「クロシンリ」(木曜深夜0・25、関西ローカル)で主役を務める乃木坂46・久保史緒里(19)が22日、大阪市内で会見に臨み「ずっと挑戦したいと思ってました。初めての連ドラ主演。今後の人生にとって大きくて大事な時間でした」と語った。

 何気ない言動やしぐさで他者の行動や感情を支配し、思いのままにコントロールできるという『ブラック心理術』。久保は、この禁断の心理術を巧みにドSで毒舌な謎の女・クロノサキを演じる。

 撮影後に、メンバーから「顔が大人っぽくなったねと言われて嬉しかった」と1カ月間の関西での撮影で成長したようだ。

 ドSで毒舌なキャラのメンバーとして「齋藤飛鳥さんかな?」と先輩の名前を挙げ「操られている意識はないけど、この話、飛鳥さんに相談したくなるとか。優しさに操られてる」と感じているそうだ。先輩から「Mだ、Mだ」と常々言われてるそうだが、「クロノサキ」を演じた影響から「仲のいい田村真佑ちゃんには、Sっ気発揮してるかな?サキが残っているかも」と笑わせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月22日のニュース