吉村洋文知事 3度目の緊急事態宣言に「強い措置を取って期間を集中して抑え込まないと」

[ 2021年4月22日 13:53 ]

大阪府の吉村洋文知事
Photo By スポニチ

 新型コロナウイルス感染急増を受け、政府に3度目の緊急事態宣言の要請を正式決定した大阪府の吉村洋文知事(45)が22日、コメンテーターを務めるTBS「ひるおび!」(月~金曜前10・25)に出演した。

 政府は同日に緊急事態宣言を東京都、大阪府、兵庫県に加え、京都府にも再発令する方針を固め、休業要請の対象施設や期間など具体的措置について対象の自治体と詰めの協議に入った。百貨店など多数の人が集まる施設を軸に検討。ただ政府は経済への影響を懸念しており、調整は難航する可能性もある。

 吉村氏は「今回、この変異株の急拡大、重症者が急加速するっていうことを我々は現場で目の当たりにして、一生懸命に対策を取ったりしております」とした上で、「それを見ると、これまでとは発想を変えた方がいいと思っているんです。ギュッと強い措置を取って期間を集中して抑え込まないと、これはある意味、本当に簡単に抑え込めるものではないと。これまでの第3波までの既存株と同じ発想ではいかないと思った方がいいと僕は思っています」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月22日のニュース