梅沢富美男 飲食店の酒類提供禁止検討報道に怒り「よくこんなことやるよな」「あんまりじゃない?」

[ 2021年4月22日 22:01 ]

俳優の梅沢富美男
Photo By スポニチ

 俳優の梅沢富美男(70)が22日、TOKYO MXの「バラいろダンディ」(月~金曜9・00)に生出演。新型コロナウイルスの緊急事態宣言発令に伴う措置を巡る政府と東京都の協議で、飲食店に対して時間にかかわらず酒類の提供自粛を求める案が浮上していることについて怒りをぶちまける場面があった。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けた緊急事態宣言が発令される見通しの東京、大阪、兵庫の3都府県は22日、休業要請の対象施設や期間について政府と詰めの協議に入った。3都府県は既に宣言の発令を政府に要望。東京と大阪は、休業要請の対象に百貨店やテーマパーク、ショッピングセンターなどの大型施設を含めるよう求めている。大阪府は飲食店対策として、土日祝日の休業と平日の酒類提供停止などを提案している。

 梅沢は「個人的な意見で」と前置きしてから「もう、辟易(へきえき)した。いいかげんにしてくれ。この人たちに国民がみんな振り回されているんだよ!やるならロックダウンとかドカンとやって“これだけのお金を出しますから、どうか我慢してください”と言ったら、みんな我慢するんだよ」とバッサリ。飲食店について「手では締めてないけど、首を締めているようなもんでしょ?どうしてくれんだよ」と怒り心頭。

 「また、酒を売るなって言っているんでしょ?酒をつくったところはどうするんだよ。それを売っている人たちはどうするんだよ。まったく、よくこんなことをやるよな。守らなかったら罰則があるの?それはあんまりじゃない?こんなことをやっている政治家ばっかりだったら日本はだめだね」と嘆いていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月22日のニュース