山里亮太「なかなか狂気」 M-1ファイナリストの“危ない過去”「AV3000枚」「自称・彼女」に驚く

[ 2021年4月22日 14:26 ]

「南海キャンディーズ」の山里亮太
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「南海キャンディーズ」山里亮太(44)が21日、深夜放送のTBSラジオ「JUNK 山里亮太の不毛な議論」(水曜深夜1・00)に出演。ゲストに登場したお笑いコンビ「錦鯉」長谷川雅紀(49)と渡辺隆(42)の“危ない過去”に驚く場面があった。

 
 山里が「長谷川さんの影に隠れているけど、渡辺さんも内に秘めてるヤバいものいっぱいあるでしょ」と切り出すと、破天荒なイメージの長谷川も「僕よりヤバいです」と告白。「AVが好きで、一時期3000枚持ってて」と“危ない過去”を明かした。山里は「この感じでの3000枚はなかなか狂気ですね」とビックリの様子。渡辺は「それは隠していきたいところ。数は言わないでほしい、好きで止めてほしい」と恥ずかしそうに語った。

 一方、山里は長谷川に「自称・付き合っている彼女とはどうなったんですか」と質問。現在もお付き合いしているというが、彼女と最後に会ったのは一昨年の5月だという。「M-1での大活躍を見たら会いたくなるじゃないですか」と問うと「スケジュールが合わなかったり、コロナでなかなかお会いできなかった」と長谷川。山里は「一昨年はまだコロナ騒ぎもなかったですよね」とツッコみ、笑いを誘っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月22日のニュース