雛形あきこの夫・天野浩成 妻とのケンカシーンに“ビビる”「嫌でした」「もう怖くて」

[ 2021年4月22日 17:03 ]

女優の雛形あきこと俳優の天野浩成
Photo By スポニチ

 女優の雛形あきこ(43)と夫で俳優の天野浩成(43)が22日、文化放送「大竹まこと ゴールデンラジオ」(月~金曜後1・00)にゲスト出演し、夫婦初共演の短編映画「アンコン~夫婦あるある物語~」の撮影時のエピソードを明かした。

 雛形と天野は、過去に再現VTRで夫婦共演をしたことはあるが、本格的な芝居は初。雛形は「コロナ禍であるような夫婦の形というか。ちょっとギクシャクするのを何となく乗り越えるみたいな」と作品を紹介しつつ、「(芝居は)ギクシャクしているところから始まって、ケンカもするからビビっちゃって、天野が」と打ち明けた。

 撮影時を振り返り「嫌でした。もう怖くて」と天野。これまで家で妻のケンカ腰の言葉を聞いたことがなかったので、芝居の中でケンカになりビビったのだという。雛形は「家でセリフをちょっと合わせてみようとなり、言い争いみたいな場面をやったら『あんまり本気でやらないで欲しい』って。『本番で、もし逃げ出しそうになってたらおさめてくれ』と。それを(天野が)頑張って演じた作品です」と説明した。

 夫婦で夫婦役を演じることについて、温度差はある。雛形が「仲良しの場面のほうがこっぱずかしい。ケンカしている場面はまだなんか芝居をしているという感じがあるけど、キャッキャッしているような場面は、え?というのがある。ちょっと恥ずかしい」と語ると、天野は「逆にそのキャッキャッしている場面は楽しかったです」と即答。「初めに仲良さそうにツンツンとかして…そこは楽しかったんですけど。はい」と、相変わらずの愛妻家っぷりを見せていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月22日のニュース