柴田理恵、志村さんと一升瓶空けるまで芸論交わした日々 唯一の心残りは「最後にお会いしたときに…」

[ 2020年12月2日 15:15 ]

柴田理恵
Photo By スポニチ

 女優でタレントの柴田理恵(61)が、1日深夜放送のフジテレビ系「志村友達」(火曜深夜1・05)に出演。お笑いタレントの志村けんさん(享年70)との思い出を語る場面があった。

 柴田は「志村さんと本当によく飲んでたもんね、一升瓶空いてたもん。『あっ、なくなっちゃった!もう少し飲みましょうよ!』って。熱くコントを語ることはありましたね、私も酔っぱらってるから全然聞いてなかったことがあります」と笑わせた。

 これを聞いたお笑いコンビ「千鳥」の大悟(40)は「熱くコントを語ったことに気付いて照れて、下ネタ入れるみたいなことはありましたね。僕には結構姉ちゃんの話が多かったです」と振り返っていた。

 柴田は「本当に心残りは、志村さんと舞台をやりたかったんです。最後にお会いしたときに『舞台やりましょうね。来年やろうね!』って話をしてたんです、これだけが心残りです」と話す。これを受けて、お笑いコンビ「アンタッチャブル」の柴田英嗣(45)が「叶うかわかりませんけども、大悟が引き継いでやるかもしれませんので」と言うと「ぜひ出演させてください!」と微笑んでいた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年12月2日のニュース