デーブ・スペクター氏 高齢者らへのGoTo自粛呼びかけに「これは医療現場のためでもある」

[ 2020年12月2日 09:31 ]

デーブ・スペクター氏
Photo By スポニチ

 放送プロデューサーでタレントのデーブ・スペクター氏が2日、フジテレビ「とくダネ!」(月~金曜前8・00)に出演。小池都知事と菅首相が1日に首相官邸で会談し、国の観光支援策「Go To トラベル」の東京発着の旅行について、65歳以上の高齢者や基礎疾患のある人を対象に利用自粛を呼び掛けることで合意したことについてコメントした。

 期間は今月17日まで。政府は高齢者らが旅行を解約する場合、キャンセル無料とする方針を固め、2日にも詳細を発表する。小池氏は会談終了後、首相との会談に当たっては高齢者らの利用停止を含む案を示し、自粛要請で決着したと明らかにした。

 デーブ氏は「重症化する年齢のデータは事実で、これは否定できない。いくら個人差があるといっても旅行に行く前に健康診断するわけにはいかない。世界でも高齢の人に自粛、ステイホームを呼び掛けている。これは医療現場のためでもある」とし、「高齢者の旅行者は、はしゃいだりしないし理想の旅行者でもありますが、もう少し我慢すれば来年にはワクチンができる可能性が高いし、ゆっくりと安心して旅行に行ける日が来ると思う」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年12月2日のニュース