壇蜜の誕生秘話「流れは桃太郎と同じ」…母が川で大根を洗い中に産気付く

[ 2020年12月2日 18:04 ]

タレントの壇蜜
Photo By スポニチ

 タレント壇蜜(39)が2日、水曜パートナーを務める文化放送「大竹まこと ゴールデンラジオ」(月~金曜後1・00)に出演し、自身の謎めいた誕生秘話を明かした。

 3日に40歳の誕生日を迎える壇蜜は、番組関係者からケーキで祝福され、「うれしかった。誕生日はいくつになってもうれしいですね」と感謝。「私、大根から生まれたんですよ」とジョークまじりに明かした。パーソナリティーの大竹まこと(71)から「そうですか。大根のどのへんから?」と突っ込まれると、「青首のあたり」とボケつつ、「うちの母が冬の川で大根を洗ってたんですよ。そしたら産気付いちゃって」と説明。「流れは桃太郎と同じです」と笑わせた。

 壇蜜は秋田生まれ。誕生当日は大雪が降っていたという。「真冬の川で(大根を)洗って、『生まれる』ってなっちゃって。『予定日より2週間も早い~』ってなって。『どうしよう、どうしよう、雪で救急車も来ない、生まれる~』ってなって。半分出たような状態で病院に担ぎ込まれて」と、伝え聞いた誕生の一部始終を説明した。ちなみに父は出張でたまたま不在で、母は不安な第1子の誕生を1人で乗り越えたという。

 壇蜜が「なぜ臨月なのに冬の川で大根を洗っていたのか分からない」と疑問を口にすると、いとうあさこ(50)は「臨月とか関係なく、なぜ冬の川で大根を洗ってたか。家に水道があったろうし」と続いていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年12月2日のニュース