薬丸裕英 岡江さん他界した4月に実父も亡くなっていた 昨年7月にはジャニーさん、悲しい別れ続く

[ 2020年12月2日 14:27 ]

薬丸裕英
Photo By スポニチ

 タレントの薬丸裕英(54)が2日、自身のブログを更新。父親が4月に亡くなっていたことを明かした。

 「ご報告」のタイトルでブログを更新。「4月に父が永眠致しました。年末年始のご挨拶は控えさせていただきます。皆様に良き年が訪れますようお祈り申し上げます。薬丸裕英」とだけつづった。薬丸は1月20日のブログに「1月20日 父80歳の誕生日。おめでとう&ありがとう」と投稿し「じーじ おたんじょうびおめでとう」と書かれたチョコプレートの乗ったバースデーケーキの写真を掲載。翌21日には「今日も仕事終わりで実家へ。仕事をするようになってからこんなに母と対話する事はなかったかもしれない…」と明かしていた。

 4月23日には、1996年9月から2014年3月まで17年半にわたってTBSの情報番組「はなまるマーケット」司会をともに務め、番組終了後も公私に渡って交流が続いていた女優の岡江久美子さんが新型コロナウイルスによる肺炎のため63歳で急逝。また、昨年7月9日には「私の人生の恩人」とするジャニー喜多川さんが87歳で他界している。薬丸は昨年のジャニーさんに続き、4月には岡江さんと父親を失ったこととなり、相次ぐ悲しい別れとなった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年12月2日のニュース