テレ東「共演NG」キリン&サントリー“共演OK”異例の提供クレジット ライバル社が1画面に

[ 2020年10月26日 23:06 ]

連続ドラマ「共演NG」のオンライン記者会見に出席した中井貴一と鈴木京香(C)テレビ東京
Photo By 提供写真

 俳優の中井貴一(59)と女優の鈴木京香(52)が共演するテレビ東京の連続ドラマ「共演NG」(月曜後10・00)が26日、スタート。番組最後の提供クレジットに、飲料メーカーの「キリン」と「サントリー」が1画面に並び「この番組はキリン、サントリーの提供…ん?キリンとサントリー?この番組は、どうにか共演OKになったキリンとサントリーの提供でお送りしました」というナレーションが流れる異例の演出があった。ライバル社が提供クレジット1画面に収まるのも異例という。

 エンドロールが終わると、キリン「一番搾り」、サントリー「モルツ」「金麦」とビールのCM3連発。そして、赤字のキリンが上、青字のサントリーが下と上下に並んで1画面に収まる異例の提供クレジットが表示された。

 キリンビールの公式ツイッターはドラマ開始前に「今夜22:00からテレビ東京系列にて、ドラマ『共演NG』が放送されます。弊社も、とある企業とまさかのコラボ…!?メチャメチャ笑えて胸がキュンとする“大人のラブコメ”。放送をお楽しみに」と投稿。

 SNS上には「遊び心が過ぎるw」「スポンサーも共演NGに乗って笑った」「OK出した2社の好感度上がったわ」「共演NGをコンセプトに、スポンサーを倍確保させるなんて、テレ東、素晴らしすぎるな」「順番とか、どっちが先か揉めそうだけど、50音順でキリンが先に落ち着いたのかな?それとも単純に出資額の差なのか…気になる~」などの書き込みが相次いだ。

 「共演NG」という業界のタブーに切り込み、ドラマ制作の舞台裏を描く一大エンターテインメント。25年前に破局し、共演NGとなった実力派大物俳優・遠山英二(中井)と人気女優・大園瞳(鈴木)を中心に、大人のラブコメディーが展開される。

 中井は6年ぶりの民放連ドラ出演、テレ東連ドラは初主演。企画・原作はヒットメーカーの秋元康氏(62)。脚本・演出は「モテキ」「まほろ駅前番外地」などの大根仁監督(51)、放送作家の樋口卓治氏(56)も脚本を務める。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年10月26日のニュース