西武ファンの小倉智昭氏、早大・早川の1位指名を熱望「よくピッチングを見に行くんです」

[ 2020年10月26日 08:57 ]

キャスターの小倉智昭氏
Photo By スポニチ

 キャスターの小倉智昭氏(73)が26日、MCを務めるフジテレビ「とくダネ」(月~金曜前8・00)に出演。同日に行われるプロ野球のドラフト会議に向けて、西武ファンとしての希望を語った。

 早大・早川隆久投手(22)と近大・佐藤輝明内野手(21)に複数球団の指名が予想される今年のドラフト。大の西武ファンとして知られる小倉氏は「個人的には西武は早川にいってほしい」と話し、「私、早稲田のグラウンドが近いものですから、よくピッチングを見に行ったりするんです。いい投手なんですよ」と絶賛した。

 西武の渡辺GMはドラフト前日の取材で、1位指名について「数名に絞っている。即戦力が一番だけど、将来性も考えて素材型なども候補に挙がっている。ドラフト直前まで熟考する」とコメントしており、早川と佐藤を1位候補に絞ったとみられる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年10月26日のニュース