マツコ 「18歳でやっておいた方がいいこと」で持論 ふかわ「すごいためになる話」

[ 2020年10月26日 18:07 ]

マツコ・デラックス
Photo By スポニチ

 タレントのマツコ・デラックス(48)が26日、月曜コメンテーターを務めるTOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜後5・00)にリモート生出演。「18歳の時にやっておいた方がいいこと」というテーマで、持論を展開した。

 「自分の見える範囲じゃない所にいる、普段関わらないような人と、一人でも多く関わってその世界を見て、いろんな選択肢を自分で判断できるものを養う。そういう方に時間を費やした方が、将来どういう状況になったとしても、それが生きてくるんじゃないかなって思う」と指摘。

 「自分が今、行動してる範囲じゃないところに、何か答えがあるような気がしてて」と続け「そんなに大げさじゃなくてもいいんだけど、自分が思ってることとか、自分が信じてるものが全てではないっていうのを感じ取れる何かをした方がいいのかなとは思う」と話すと、タレント・ふかわりょう(46)は「すごいためになる話し」と、うなっていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年10月26日のニュース