劇場版「鬼滅の刃」公開10日間で興行収入100億円突破 国内上映作で史上最速

[ 2020年10月26日 12:12 ]

 16日に公開されたアニメ映画「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」(監督外崎春雄)が、25日までの公開10日間で累計興行収入が約107億円に達したことが26日、分かった。公開10日間での100億円突破は日本で上映された映画で最速。

 同作は、全国公開直後の週末3日間で興行収入46億2311万7450円、観客動員342万493人を記録。公開初日の興行成績では、観客動員が91万507人、興行収入が12億6872万4700円をマークし、平日における日本国内で公開された映画の興行収入・動員の歴代1位を記録した。

 公開2週目となった24日は、観客動員111万5182人、興行収入15億94万4600円、25日は観客動員115万7654人、興行収入15億4050万4150円と初週を上回る客足に。10日間の累計は、全国403館で798万3442人、興行収入107億5423万2550円となった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年10月26日のニュース