乃木坂・白石麻衣、卒業前最後のTV出演 メンバーからのサプライズに思わず涙

[ 2020年10月26日 22:37 ]

乃木坂46の白石麻衣
Photo By スポニチ

 乃木坂46の白石麻衣(28)が26日、TBS「CDTVライブ!ライブ!」(月曜後9・00)に生出演。卒業前最後となるテレビ出演で、全力のパフォーマンスを見せつけた。

 白石は10月28日の配信ライブをもって卒業を迎える。番組では“卒業前最後のTV出演”ということで、白石がセンターを務めた楽曲をメドレーで披露。「ガールズルール」「今、話したい誰かがいる」「インフルエンサー」「シンクロニシティ」「しあわせの保護色」の5曲を歌い上げた。

 事前のVTRではそれぞれの曲について思い入れを語る場面も。「今、話したい誰かがいる」については「私は(これが)一番好きな曲」「この時のオリジナルメンバーって半分くらい卒業しちゃって、なかなかライブとかでもやる機会がなくなっちゃった曲」と特別な思い入れを吐露。「最後にテレビで披露できるのはうれしい」と語っていた。

 メドレーの最終曲「しあわせの保護色」では、メンバーから花束を渡すサプライズが。MVでも見られた名シーンがステージ上で再現された。これには白石もこらえきれず、思わず涙。ネット上でも「最後のはマジで泣くよ~」「感動でした」「涙までも美しい」との声があふれていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年10月26日のニュース