ジュディ・オング「“魅せられて”は私に大きなパワーを与えてくれました」筒美京平さんを悼む

[ 2020年10月12日 17:49 ]

歌手のジュディ・オング
Photo By スポニチ

 歌手のジュディ・オング(70)が12日、今月7日に誤嚥(ごえん)性肺炎のため80歳で死去した作曲家・筒美京平(つつみ・きょうへい、本名渡邊榮吉=わたなべ・えいきち)さんを悼んだ。

 代表曲「魅せられて」は阿木燿子氏(75)が作詞し、筒美さんが作曲。下着メーカーのCMソングに起用され、1979年に日本レコード大賞を受賞する大ヒットに。サビの部分で羽根を広げるような衣装パフォーマンスも、昭和歌謡史に残る名シーンとなった。

 ジュディは突然に悲報に「ショックでまだ信じられません」と悲しみにくれ、「筒美先生は歌手としての私を目覚めさせてくれた恩人です。そして“魅せられて”は私に大きなパワーを与えてくれました」としのんだ。

 「これからも、いただいた曲を大切に、心を込めて歌い続けていきます。ご冥福を心よりお祈りいたします」とコメントを結んでいる。

 筒美さんにとっても「魅せられて」は、71年に尾崎紀世彦さんの歌唱でヒットした「また逢う日まで」(作詞は阿久悠氏)に続く日本レコード大賞受賞曲となった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年10月12日のニュース