橋下徹氏 学術会議問題で菅首相に提案「“謝る政府”を打ち出してもらいたい。間違っていたら謝ると」

[ 2020年10月12日 18:54 ]

元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏
Photo By スポニチ

 元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏(51)が12日、フジテレビ系「Live News イット!」(月~金曜後3・45)に生出演し、菅義偉首相が日本学術会議の推薦した新会員候補6人を除外したことについて私見を語った。

 菅首相は、自身が決裁する前に見た会員候補リストが99人だったことを明かし、学術会議が推薦した105人の名簿について「見ていない」と語った。「推薦に基づいて内閣総理大臣が任命する」という規定に違反するとの声も上がる中、橋下氏は「『組織対応』ということを知らない人が批判すると思う」とコメント。「総理が名簿を全部見て、105人の名簿を見て1個1個審査したら、それだけで総理の仕事が終わってしまう。政府の組織として対応していたら問題ない」と述べた。

 一方で、6人を除外した理由について、菅首相が「総合的、俯瞰(ふかん)的に判断して」と、あいまいな説明に終始していることには疑問を呈した。「6名を拒否した理由が『総合的、俯瞰的』っていう言葉では、国民が納得しない。菅総理には頑張ってほしいので、こんなところで支持率を落としてほしくない」と明確な説明が必要との見方を示した。

 菅首相はこの問題について、「推薦された方をそのまま任命してきた前例を踏襲していいのかを考えた」と述べている。橋下氏は「いろんな理屈を付けているんだけど、無理があるんだったら、菅政権だったら、“謝る政府”というのをバーンと打ち出してもらいたい。間違っていたら謝りますと。国民はそれでも支持すると思う」とコメント。「『政府は絶対に間違えない』という前例を変えていく菅政権を打ち出してもらいたい。僕はすぐ謝ってたから。間違ってたら『ごめん』って」と、菅首相の発言を引き合いに提案した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年10月12日のニュース