羽野晶紀 「関西演劇祭2020…」実行委員長就任「劇場は私の原点」

[ 2020年10月12日 05:30 ]

「関西演劇祭2020」をバックアップする(左から)行定勲監督、羽野晶紀、板尾創路、西田シャトナー
Photo By 提供写真

 女優羽野晶紀(52)が「関西演劇祭2020 お前ら、芝居たろか!」(11月21~29日、クールジャパンパーク大阪TTホール)実行委員長に就任し11日、大阪市内で発表会見に臨んだ。

 「劇場は私の原点。関西の若い人たちのパワー、劇場の空間をお客さんと一緒に楽しみたい」。大阪芸大で「劇団☆新感線」の看板女優として、渡辺いっけい(57)、古田新太(54)らと活動し、全国区へブレーク。自身の原点が関西の小劇場であると振り返り「あの頃の土台があって良かったと今、思います。皆さんを応援したい」と後に続く世代の活躍を期待した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年10月12日のニュース