バカリズムの“おかっぱあるある”とは バナナマン日村の妻・神田アナ「夫もそうです」

[ 2020年10月12日 10:40 ]

バカリズム
Photo By スポニチ

 お笑い芸人のバカリズム(44)が11日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。自身のおかっぱ頭について「10年ぐらい切ってもらってる人にしかできない」と、美容師のカット技術が必要なことを力説した。

 コメンテーターのダウンタウン・松本人志(57)が「この番組のために、そんなにきれいにおかっぱにしてこなくていいって。やりたて感がすごいな」とバカリズムをイジリながら「おかっぱって、めちゃくちゃ難しいらしいで。ほとちゃん(蛍原徹)のおかっぱができる人は、一人しかおらへんねんて」と話すと、話題は“おかっぱあるある”に。

 MCの東野幸治(53)が「誰でも美容師さんだったらできそうな気するんですけど、ほとちゃんのことが分かって、髪質が分かって、頭の形が分かってる人じゃないと難しい」と補足すると、「ぼくも、10年ぐらい切ってもらってる人にしかできないです」と、うなずいたバカリズム。

 「バナナマン」日村勇紀(48)の妻でフリーアナウンサー・神田愛花(40)も「夫もそうです。ずっと同じ美容師さんです」と、夫のトレードマークであるおかっぱ頭について話していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年10月12日のニュース