筒美京平さん死去 中川翔子、過去の楽曲提供に感謝「生涯の宝物です」

[ 2020年10月12日 15:23 ]

中川翔子
Photo By スポニチ

 タレント中川翔子(35)が12日、自身の公式ツイッターで、今月7日に誤嚥(ごえん)性肺炎のため80歳で死去した作曲家・筒美京平(つつみ・きょうへい、本名渡邊榮吉=わたなべ・えいきち)さんを追悼した。

 太田裕美の「木綿のハンカチーフ」、近藤真彦の「ギンギラギンにさりげなく」、「スニーカーぶる~す」など数々の名曲を生み出し、昭和の音楽シーンを彩った筒美さんの悲報に、中川は「ショックすぎて動けない 歌謡曲の宝石をたくさん生み出してくださった神様」とツイートした。

 歌手としても活動する中川は08年、筒美さんが作曲を手掛けたシングル「綺麗ア・ラ・モード」をリリース。作詞は松本隆氏という黄金コンビによる作品だった。「綺麗ア・ラ・モードを作曲していただけたことは生涯の宝物です」と感謝しつつ、「信じたくないです」と悲しみをつづった。

 筒美さんはかねて自宅で療養中だった。葬儀は故人の遺志により、近親者のみで執り行われた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年10月12日のニュース