“鬼滅スカイツリー”紅蓮に燃ゆる 映画「無限列車編」公開記念点灯式

[ 2020年10月12日 05:30 ]

出演者の後ろで炎をイメージした赤色に染まるスカイツリー
Photo By 提供写真

 発行部数1億部を突破した人気コミック初の映画化となる「鬼滅の刃 無限列車編」(16日公開)の公開を記念し11日、東京スカイツリーをライトアップする点灯式が行われた。主人公・竈門(かまど)炭治郎を担当する花江夏樹(29)ら主要キャラクターの声優がそろい、主題歌「炎(ほむら)」を歌うLiSA(33)が出席。花江のカウントダウンで全員が一斉にボタンを押すと、スカイツリーは炎をイメージした赤に染まった。

 LiSAは共同で作詞も手掛け「劇場から出た後も、作品を引きずって帰れるような言葉遣いを意識しました」と説明。映画は原作でも特に人気の高い物語で、花江は「鬼殺隊が一丸となって鬼を倒そうとする思いの強さを感じてほしい。期待は裏切りません」と力強く語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年10月12日のニュース