海老蔵 親子で初めての稲刈り「毎日食べるご飯、学べる体験ができるのが凄く重要でした」

[ 2020年10月12日 05:30 ]

「稲刈りイベント」で笑顔を見せる(左から)新潟県の花角英世知事、市川海老蔵、堀越勸玄くん
Photo By 提供写真

 歌舞伎俳優の市川海老蔵(42)と長男の堀越勸玄(かんげん)くん(7)が11日、新潟県内で行われた新潟米「新之助」の新CM発表会&稲刈りイベントに出席した。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期になっているが、勸玄くんが「八代目市川新之助」を襲名予定であることから、海老蔵のCM出演が決まった。海老蔵は「本来なら(勸玄くんが)襲名している時期だったので、ピンチヒッターで呼んでもらったのかな。来年再来年はうまく倅(せがれ)にパスできれば」と語った。

 稲刈りイベントは勸玄くんが「頑張りまーす!えい、えい、おー!」と掛け声を上げてスタート。生産者の手助けを得ながら稲を刈ると「取れましたー!」と稲穂を掲げて笑顔を見せた。海老蔵は「稲刈りは初めてでした。勸玄にとって、毎日食べるご飯がどうやってできているのか、収穫されているのか、学べる体験ができるのが凄く重要でした」と感想を語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年10月12日のニュース