いしだあゆみ 「ブルー・ライト・ヨコハマ」作曲の筒美さん悲報に「突然のことにただ驚いております」

[ 2020年10月12日 17:21 ]

いしだあゆみ
Photo By スポニチ

 歌手で女優のいしだあゆみ(72)が8日、今月7日に誤嚥(ごえん)性肺炎のため80歳で死去した作曲家・筒美京平(つつみ・きょうへい、本名渡邊榮吉=わたなべ・えいきち)さんを追悼した。

 1968年12月に発売された代表曲「ブルー・ライト・ヨコハマ」は橋本淳氏が作詞し、筒美さんが作曲。いしだは「突然のことにただ驚いております。“ブルー・ライト・ヨコハマ”をはじめたくさんの素敵な曲を作っていただき感謝しています」とコメント。「これからも大切にしていきます。心よりご冥福をお祈り申し上げます」と悼んだ。

 いしだは当初、本名の「石田良子」で活動。改名後の転機となったのが同曲で、翌69年にはNHH「紅白歌合戦」に初出場を果たす大ヒットとなった。

 筒美さんにとっても初のオリコン1位獲得曲。編曲も手掛け、同年の日本レコード大賞では作曲賞などを受けた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年10月12日のニュース