新井浩文被告 12日控訴審初公判

[ 2020年10月12日 05:30 ]

新井浩文被告
Photo By スポニチ

 派遣型マッサージ店の女性従業員に乱暴したとして強制性交罪に問われ、昨年12月の東京地裁判決で懲役5年の判決を言い渡された元俳優新井浩文(本名・朴慶培=パク・キョンベ)被告(41)の控訴審初公判が12日、東京高裁で開かれる。

 新井被告は出廷せず、1審で主張した(1)性交時に暴力は伴っていない(2)被害女性が性交を合意していると誤信した、という2点を弁護人が訴えるとみられる。1審ではどちらの主張も認められず「卑劣で悪質な犯行」として求刑通りの懲役5年の実刑判決が言い渡された。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年10月12日のニュース