松本人志 バラエティー番組の観覧再開見通しが立たず「ピッチャー無しで打席に立っているよう」

[ 2020年9月14日 08:04 ]

ダウンタウンの松本人志
Photo By スポニチ

 ダウンタウンの松本人志(56)が13日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)で、バラエティー番組の観覧再開の見通しが立たない現状に不満をもらす場面があった。

 番組では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の対策での各種イベントの一部で“人数制限”が緩和されることについて特集した。

 その中で、松本は「バラエティー番組のお客さんを入れるという方向性が全然(決まらない)。(番組観覧の)お客さんは(しばらく)無理っぽい」とポツリ。

 番組MCの東野幸治(53)は「バラエティー番組っていつもお客さんが座っていて、笑ってくれたりとか、リアクションとか、こんなん言うたら笑うんだなと(反応がある)。それがわからないから」と語ると、松本も「このテンドン(ギャグを何度も使うこと)使えるな!とか、そこの探りができないんで」と補足。さらに、「今、ピッチャー無しで打席に立っているようなところがある」と現状を説明し、困り顔を見せた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年9月14日のニュース