瑛人 紅白初出場内定 再生1億回突破「香水」が大ヒット中

[ 2020年9月14日 05:30 ]

紅白初出場が内定したことが分かった瑛人(自身のオフィシャルサイトから)

 大みそかの「第71回NHK紅白歌合戦」(後7・30)で、「香水」が大ヒット中のシンガー・ソングライター、瑛人(23)の初出場が内定したことが13日、分かった。コロナ禍に突如現れたインディーズの新人が年末の話題もさらうのは間違いなしだ。

 8月に発足した今年の紅白の番組制作チームはすぐに瑛人をリストアップ。同月5日に「香水」のサブスクリプション(定額聴き放題)の総再生回数が「大ヒット」の基準となる1億回を突破したことで、実績、話題性ともに十分と判断した。コロナの感染予防で今回は歌手をさまざまな会場に振り分けることになるが、局関係者は「瑛人さんはメイン会場のNHKホールで歌ってもらうことで局内で話が進んでいる。演出などを練っている段階に入った」としている。

 ただ、音楽関係者の間で「香水」について「最大の懸案になる」と言われていたのが歌詞だ。サビに高級ブランド「ドルチェ&ガッバーナ」のフレーズがあり「NHKが禁じる“広告放送”に該当するのではないか」という指摘があった。

 過去を振り返ると、山口百恵さん(61)は78年の「レッツゴーヤング」など同局番組で「プレイバックPart2」の歌詞「真紅(まっか)なポルシェ」を「真紅な車」と歌い、同年大みそかの紅白では「ポルシェ」とした。局はいずれのケースについても「資料が残っていないため、お答えできません」と理由を明かしていないが「香水」は紅白でそのまま歌唱できる可能性が高まっている。

 実際に瑛人は10日放送の音楽番組「シブヤノオト」で「ドルチェ…」と歌詞を変えずに歌唱。NHK広報局は本紙の取材に「あくまでも作品の一部であり、広告・宣伝目的にはあたらないことから、歌詞を変更するなどの対応は考えておりません」と回答した。

 「香水」は昨年4月に配信リリース。コロナ禍の3月に一部の音楽ファンが動画投稿サービス「TikTok」で拡散。若年層を中心に人気が広がり、インディーズで初めてサブスクのランキングで1位に輝いていた。

 ◆瑛人(えいと)1997年(平9)6月3日生まれ、神奈川県出身の23歳。昨年4月に「香水」でインディーズデビュー。4月に「香水」がアップルミュージックなどサブスクの主要3サービスでランキング1位に。5月にはビルボード・ジャパンのシングルチャートで1位。7月にテレビ朝日「ミュージックステーション」で初めてテレビ出演した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年9月14日のニュース