松本人志 先輩・後輩間のルールで…「浜田さんぐらいの人が言ったら健全なんですけど」

[ 2020年9月14日 08:39 ]

ダウンタウンの松本人志
Photo By スポニチ

 ダウンタウンの松本人志(56)が13日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。相方・浜田雅功(57)の高校の“ルール”を引き合いに、宝塚音楽学校が伝統としている不文律廃止の問題で持論を展開した。

 番組では、宝塚音楽学校で指導の名目で先輩が後輩に課していた阪急電車への一礼や、大声であいさつをするなどの伝統的な作法を廃止したニュースを取り上げた。

 この話題に、松本は「(ルールの撤廃を)誰が言い出したのかがポイントだなと思う」と私見。一部では父兄などからも指摘があったとし、「父兄が言い出したのはちょっと違うと思うな。先輩が『もういいよ!』っていうのが一番健全で、親御さん、関係ないじゃない?」と続けた。

 さらに、「若い子で『俺はタメ口でいきたい』『俺は敬語嫌いや!』って言うのは、違ってて、先輩に『タメ口でいいよ!』って言われて初めて成立する」と目上の人への“タメ口”で接することを宣言する若者についても言及。「なんで、下の人間が言うてるの?っていうのがある。ましてや、父兄って関係ない」と主張した。

 さらに、松本は「浜田さんの高校はすごい。3年生が神様みたい(な存在)。そこで3年になるまで!って頑張るから、3年になった時はやっぱりみんなをシバキ回すよね」と浜田の出身高校について言及。番組MCの東野幸治(53)が「浜田さんは3年の時、寮長ですから、一番上」と補足すると、松本は「そのままの暴力性が現代に至っている」とツッコミの相方をイジリつつ、「浜田さんぐらいの(立場の人)がやめようって言うたら、一番健全なんですけど」とした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年9月14日のニュース