岡副麻希アナ “高校後輩”阪神・藤浪の購買での姿「丁寧にいつもあいさつ」 現在も交流「腰が低い」

[ 2020年9月14日 13:14 ]

フリーアナウンサーの岡副麻希
Photo By スポニチ

 フリーの岡副麻希アナウンサー(28)が13日放送の文化放送「岡副麻希のほくほくみゅ~じっく」(日曜後7・00)に出演。高校時代の後輩、阪神の藤浪晋太郎投手(26)について語った。

 大の野球好きで知られる岡副アナは、甲子園の常連校・大阪桐蔭出身。2012年に同校で春夏連覇を果たした藤浪が1年生の時に、岡副アナは3年生だった。

 この日は、高校時代のエピソードとして「昼休みに食堂に行く人たちは食べ終わったら売店か購買に行くの。そこで(藤浪と)すれ違っていた」と回顧。藤浪について「すごい背が高いから目立つ」と言い、「丁寧にいつもあいさつしてくれてた。特に絡みはないんですけど」と明かした。

 共演者から「絡みはなくてもあいさつしてくれるものなの?」と声が上がると、「してくれてたね…」と振り返りつつ「なんでだろう」と、自ら不思議がった岡副アナ。現在は「先生を通じて交流がある」と話し、「(藤浪から)『いつか取材してもらえるように頑張ります』って、すごい腰が低い」と、印象を語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年9月14日のニュース