乃木坂46 新型コロナ感染の与田祐希と佐藤楓が活動再開 再度PCR検査で「陰性」

[ 2020年9月14日 16:51 ]

乃木坂46・与田祐希
Photo By スポニチ

 女性アイドルグループ「乃木坂46」は14日、新型コロナウイルスに感染し自宅療養をしていたメンバーの与田祐希(20)と佐藤楓(22)について、再度PCR検査を実施し「陰性」だったことを報告。同日より活動を再開することを発表した。

 公式サイトでは「佐藤楓、与田祐希に関しまして」のタイトルで、「保健所の指導のもと自宅での療養を続けておりましたが、一定期間を経て、再度PCR検査を実施したところ、9月11日(金)に陰性との結果が出ましたので、本日より活動を再開させていただきます」と報告。

 「改めまして、この度は、皆様にご心配、ご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします」と伝え、「引き続き、メンバー及びスタッフの安全と感染拡大防止を最優先に対策を講じながら、活動を続けてまいります」とした。

 同グループは、8月27日に全メンバー、マネジメントスタッフを対象にPCR検査を行った結果、佐藤と与田の感染が確認されたことを今月1日に発表。これに伴い、保健所からの指導を受け、直近で接触があったメンバーとスタッフはPCR検査を再度行い、同4日に全員が「陰性」だったことを伝えていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年9月14日のニュース