役所広司、主演映画「すばらしき世界」がトロント映画祭で上映

[ 2020年9月14日 05:00 ]

「すばらしい世界」に主演した役所広司(C)佐木隆三/2021「すばらしき世界」製作委員会
Photo By 提供写真

 役所広司(64)の主演映画「すばらしき世界」(監督西川美和)が第45回トロント映画祭で12日夜に公式上映された。

 コロナ禍で現地入りを控えた西川監督と役所が上映に合わせて映画祭の公式サイトでリモート会見を実施。その模様が13日公開された。

 佐木隆三氏の小説「身分帳」を原案とした作品で、13年の刑期を終え出所した男の再出発の日々を描いた。出品作の選定に当たったジョバンナ・フルピ氏は「カリスマ性を感じる」と役所の演技を絶賛。役所は「“身分帳”と、西川監督が書いた脚本を比べて読みながら、(主人公の)三上という男を探し求めました」と話した。

 来年2月11日公開。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年9月14日のニュース