21歳でダブルタイトル戦出場の郷田九段、藤井七段に「完成度が高い」

[ 2020年6月24日 05:30 ]

第61期王位戦挑戦者決定戦

郷田真隆九段
Photo By スポニチ

 将棋の史上最年少棋士・藤井聡太七段(17)は23日、東京都渋谷区の将棋会館で指された第61期王位戦挑戦者決定戦で永瀬拓矢2冠(27)=叡王、王座=を127手で下し、7番勝負に駒を進めた。現在進行中の第91期棋聖戦との「ダブルタイトル戦」も史上最年少で実現した。

 1992年度の棋聖戦と王位戦で、谷川浩司九段(棋聖・王位=当時)に当時21歳で最年少ダブルタイトル戦出場をした郷田真隆九段(49)が、自身の終局後に取材に応じ「自分の時は四段だったが、藤井七段は実績を上げている。粗削りなところもなく、完成度が高い」と太鼓判を押した。

 一方で、現在行われている棋聖戦5番勝負と、今後木村王位と争う7番勝負については「これから先はそう簡単にはいかないと思う」と実感を込めた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年6月24日のニュース