藤井七段、次なる標的は竜王戦 決勝トーナメント1回戦で丸山九段と対戦へ

[ 2020年6月24日 05:30 ]

第61期王位戦挑戦者決定戦

王位戦挑戦者となり笑顔で質問に答える藤井七段
Photo By スポニチ

 将棋の史上最年少棋士・藤井聡太七段(17)は23日、東京都渋谷区の将棋会館で指された第61期王位戦挑戦者決定戦で永瀬拓矢2冠(27)=叡王、王座=を127手で下し、7番勝負に駒を進めた。現在進行中の第91期棋聖戦との「ダブルタイトル戦」も史上最年少で実現した。

 藤井にとって次に挑戦権獲得の可能性があるのは竜王戦。20日、師匠の杉本昌隆八段との3組ランキング戦決勝に勝利し史上初、ランキング戦での4期連続優勝を決めると同時に決勝トーナメント進出も果たした。その1回戦では丸山忠久九段と対戦。3連勝すれば挑戦者決定3番勝負へ進む。

 続く王将戦では昨期、あと1勝で挑戦権獲得にまで迫った成績から、7人で構成する挑戦者決定リーグに残留。豊島将之名人・竜王や羽生善治九段らと今秋、挑戦権を争う。

 名人戦順位戦はB級2組に在籍。今後B級1組、A級と順調に昇級しても名人挑戦は最短で23年になる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年6月24日のニュース