大橋未歩「悪口を言ってると思って」隣の部屋から聞こえたふかわりょうの“内緒話”

[ 2020年6月24日 18:54 ]

フリーアナウンサーの大橋未歩
Photo By スポニチ

 フリーアナウンサー大橋未歩(41)が24日、TOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜後5・00)に出演し、メイク室から聞こえてきた“内緒話”について明かした。

 スタジオのメイク室の場所が変わり、大橋の楽屋の隣になったという。「メイク室で話している声が丸聞こえで、ある日、男性の声で『大橋が…』みたいなことが聞こえてきたんです」。どうやら話の主はふかわの様子だったが、内容は意外なものだった。「ふかわさんが私の悪口を言ってると思って耳をすましていたら、絶賛してて…」。実はふかわが、隣の部屋にいる大橋にわざと聞こえるような音量で話していたそうで、大橋は「(ふかわが)わざと聞かせようと思って絶賛してたんですけど、そのつど私、ツッコミに行かなくちゃいけないので、めんどくさいので、もう大丈夫です」と丁重にお断りを入れていた。

 「悪口はなかったんですよね?」と確認する大橋に対し、ふかわは「聞こえるのが分かった上で言いましたけど…うそじゃないから」と思わせぶりに告白。スタジオにはスタッフ少数の笑いが広がり、大橋も困惑の笑みを浮かべていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年6月24日のニュース