加藤浩次、手越祐也に「違うんだって!」“真剣な外食”主張に「金策で困っていても家にいた方もいる」

[ 2020年6月24日 10:06 ]

「極楽とんぼ」の加藤浩次
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「極楽とんぼ」の加藤浩次(51)が24日、MCを務める日本テレビ系「スッキリ」(月~金曜前8・00)に出演。19日にジャニーズ事務所を退所し、23日に都内で会見を行った元「NEWS」の手越祐也(32)についてコメントした。

 手越は緊急事態宣言発令下で外出していた理由について「僕のビジョンを聞いてもらうために医療従事者の先生にお会いしたんです」と真剣な会食だったと説明。横長のテーブルのある個室で四つ角に座ってソーシャルディスタンスに配慮し、互いが呼んだ女性を交えて「ペアリングしたワインを飲みながら話をした」と明かした。

 この釈明に対し、加藤は「四つ角にいた、ワインをペアリングした、いや、違うんだって!違うんだよ」と否定。「金策で困っていても家にいた方もいる。緊急事態宣言が出てるということで、人にうつしちゃいけないという気持ちで家にいた方もいるわけ。そういう方の気持ちをちょっと汲んでほしかった」と訴えた。

 「新しいことをやる上でいろんな方と情報交換することは必要だった、不要不急の外出じゃないんだということをおっしゃっていたけど」と手越の主張を振り返り、「だったらリモートでできたんじゃないか。そこでそういうご飯というのは、ちょっと言い訳かなと思う」と厳しい表情で話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年6月24日のニュース