手越祐也 “キャバクラ”の真相「コロナうつされても面倒くさいので…」

[ 2020年6月24日 05:30 ]

会見後、得意のポーズを決める手越祐也
Photo By 共同

 19日にジャニーズ事務所を退所した元「NEWS」の手越祐也(32)が23日、都内で会見を行い、経緯を説明した。今回の会見では緊急事態宣言下での外出や、退所までの経緯についてどう説明するか注目された。これらの質問に対して手越は冗舌に答えた。

 ――どういう経緯で退所になったのか?
 「2度にわたる外出で自粛となったが、その前の今年3月から退所について話していた。マネジャー、事務所の偉い方に話をした。“とにかく感謝しかない。ジャニーズ事務所が大好きです。ただもうワンステップ、ステップアップする勝負がしたい”と話した。メンバーとは3月に静岡で楽屋で4人で話した。3人の反応は“手越の夢を持ってる気持ちも分かるし、でも俺らは手越祐也とやっていきたい”と熱い言葉をもらって。感謝しかないし、愛を感じた。でも俺ひとりの人間としては凄い夢があって、ここで勝負したい。3月からビジネスパートナーらと会って準備をしてきた。(活動自粛になった後に)事務所から“弁護士をつけてほしい”と言われた。第三者と話し合うことは禁止なので、スタッフやメンバーとは一切連絡が取れなかった。双方の弁護士がやりとりして、6月19日付でジャニーズ事務所を契約解除という形で円満退所になったのが、ここまでの真実」

 ――外出自粛期間中の4月下旬に銀座で飲み会をしたことについては?
 「“手越キャバクラ”といわれた会は、医療従事者の先生に“今後のビジョンについて僕から提案があるので、お会いして話をしませんか”と。実際のお店自体が大きい個室で横長の6、7メートルのテーブルがある部屋。“世の中的にもうるさいと思いますので、四つ角にぽつんぽつんという感じで(座って)距離を取りながら、意見交換しましょう”と先生も考慮してくださって。その時に先生が“友人の女性を連れて行きます”と。男だけで話すのもアリだと思うんですけど、銀座で創作和食で四隅に男というのも、みたいな配慮で。“手越さんも誰か連れてきていただけますか?”といただいたので、僕も“分かりました”という形で、ステイホーム期間にしっかり家にいた人たち、ある意味、コロナウイルスをうつされても面倒くさいので、ちゃんと家にいたのを確認した中の女性に来てもらった。意見交換の中に女性がいたのは事実ですし、創作料理屋なのでペアリングのワインを飲みながら解散した。まあ“手越キャバクラって書いた方が面白いですもんね”って思いながら見てました」

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年6月24日のニュース