ディル・アン・グレイ 7月23、24日の横浜公演中止、バンドの本質である“表現”不可能で決断

[ 2020年6月24日 20:40 ]

ぴあアリーナMMでの2日間ライブの中止を決定したディル・アン・グレイ
Photo By 提供写真

 ビジュアル系ロックバンド「DIR EN GREY(ディル・アン・グレイ)」が24日、7月23、24日に横浜・ぴあアリーナMMで開催を予定していた公演を見合わせると発表した。

 「DIR EN GREY “The Insulated World -The Screams of Alienation-”開催中止のお知らせ」と題し、「メンバー及びスタッフ、会場関係者、イベンターで開催の可否について話し合いを持ちました結果、誠に残念ながら、今回の公演を中止する事と致しました」と説明。

 関係者によると、「多くのファンが期待し楽しみにしている現状を踏まえ、先日政府から出されたライブ開催におけるガイドラインに従った上で、バンドの本質である“表現”を成立させる事が可能かどうかと検討した結果、“不可能”と考えざるを得ず、中止という結論に至りました」という。

 実際、両日とも前売りとファンクラブでほぼ満員の盛況だっただけに、主催者側としては苦渋の選択となった。

 グループは昨年9月に通算30枚目となるシングル「The World of Mercy」をリリース。同年12月より2カ国9都市をまわる北米ツアー、6カ国10都市の欧州ツアーを敢行。今年3月から国内ツアーの予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大により中止。ツアー公演日だった3月28日にKT Zepp Yokohamaで無観客LIVE「The World You Live In」を決行。Twitterの国内トレンド1位、全世界トレンド2位を記録している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年6月24日のニュース