STU新谷野々花が卒業発表 残り約1カ月「最後まで全力でやります」

[ 2020年6月24日 20:44 ]

 瀬戸内7県を拠点に活動するSTU48の新谷野々花(16)が24日、動画配信サービスSHOWROOMの生配信で、グループ卒業を発表した。「私、新谷野々花はSTU48を卒業します」と明かし、もう1度「卒業します…」とつぶやいた。

 この日朝には、自身のツイッターで「今日の20時からショールーム配信で大事なご報告があります」と告知していた。今春から高校に進学し、学業との両立が今まで以上に厳しくなったことが理由で、「両方とも中途半端になってしまうし、メンバーに迷惑かけるかもしれないと思った。応援して下さるファンの皆さんには、素直で一生懸命な姿を見てほしいと思っていたので、こういう決断になりました」と決意を語った。

 メンバーには相談せず、卒業を知っているのは矢野帆夏(20)だけだといい、「メンバーは知らないと思う。ほのたんには…バレたっていうか(笑い)」。メンバーに対しては「普通に生きてたら絶対に出会えなかったメンバーのみんな、楽しさもうれしさも悔しさもともに共有してきた、最高の友達です」と感謝を口にした。

 卒業の詳細な日程は明かさなかったものの、7月末に広島市内で行われる「Drive in LIVE!ROUTE~2~ 」がファンと会う最後に機会になるという。卒業公演は行われない。涙を流すことはなく、残り1カ月あまりの活動を「卒業まで全力でやります」と誓った。

 新谷は広島県出身で、17年にグループ結成と同時に加入した1期生。19年発売のシングル「大好きな人」で初の選抜入りを果たし、グループ内の課外活動ユニット「Charming Trip」でも活動していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年6月24日のニュース