土田晃之 テラハ打ち切りに「人の命が亡くなってまでいい番組なんてこの世にない」

[ 2020年5月29日 13:12 ]

土田晃之
Photo By スポニチ

 タレントの土田晃之(47)が29日、フジテレビ「バイキング」(月~金曜前11・55)で、23日に死去した女子プロレスラー木村花さん(享年22)が出演した恋愛リアリティー番組「テラスハウス」についてコメントした。

 「リアルって何なのって思ってて。ずっと一緒に住んでいるところ長回し(で撮影)してて編集するわけじゃないですか」と番組の手法を指摘。

 長回しで撮影された映像は「9割9分、普通の生活ですよ」と推察しつつ、一方で「みんな演者はカメラに撮られているという意識はあるからサービス精神でいろんなことをやったりする訳じゃないですか。その時点でリアルじゃないと思う」と持論を展開。

 さらに「演出側というかスタッフ側は編集する。もしナレーションが入るようだったらそれはもうリアルじゃないと思う」と続けた。

 テラハ自体には「きっと面白い番組だったと思うし、本当に話題の番組だったから、これが一個無くなるのは残念なことだけれど」としつつ「人の命が亡くなってまでいい番組なんてこの世にないと思う」と力説した。

 木村さんは自殺とみられており、原因は番組内での振る舞いを巡るSNS上での中傷とされる。番組は今後の制作と放送が中止となった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年5月29日のニュース