【アマビエ・チャレンジ】田中道子 宅建勉強に自炊 自分磨きの日々

[ 2020年5月29日 05:30 ]

女優・田中道子寄稿の「アマビエ」
Photo By 提供写真

 新型コロナ禍で、疫病を鎮める言い伝えがある妖怪「アマビエ」が人気だ。江戸時代の瓦版に載った半人半魚の妖怪で「病がはやったら私の写し絵を人々に見せよ」と告げたという。“令和の瓦版”スポニチでは、著名人がコロナ退散を祈願して本紙に寄稿してくれたアマビエの写し絵を本日から毎日掲載します。江戸の人々は妖怪のお告げ通り、その絵を門口に貼ったと伝えられています。

 【女優・田中道子】
 作品は一度塗りで1時間で完成いたしました。月に祈っているイメージのアマビエを描きたかったので、油絵で水彩画のような透明感の雰囲気で女性らしく描きました。

 自宅では宅建の勉強をしています。大学で建築を学んだので資格を取りたいな、と思っています。また、人生でほぼ初めて自炊をしています(笑い)。

 ドラマ「M」に出演させていただいてます。個性的な共演者の皆さんに圧倒されないように、私ももっと癖のある秘書役を演じ切りたいです。

 ◆田中 道子(たなか・みちこ)1989年(平元)8月24日生まれ、静岡県出身の30歳。ミス・ワールド2013の日本代表。16年にテレビ朝日「ドクターX~外科医・大門未知子~」第4シリーズで女優デビュー。NHK大河ドラマ「西郷どん」にも出演。テレ朝「M 愛すべき人がいて」に出演中。昨年の第104回二科展・絵画部に初出展で初入選。特技はピアノ、テニス。1メートル72。血液型O。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年5月29日のニュース