小柳ルミ子「鳥肌が立ちました!!!!!!」新たな都内コロナ感染者数を前日予言していた

[ 2020年5月29日 17:12 ]

小柳ルミ子
Photo By スポニチ

 歌手の小柳ルミ子(67)が29日、自身のブログを更新。同日、東京都内で新たに確認された新型コロナウイルス感染者が22人だったことを受けて「気持ち悪い位私の予言が当たってしまい鳥肌が立ちました」と自身の予言が的中したことを報告した。

 「鳥肌が立ちました!!!!!!」のタイトルでエントリー。「以前にも出演した事のあるフジテレビの【グッディ】を観ていたら…『東京の新たな感染者22人』と速報が流れました」と書き出すと「私鳥肌が立ちました!!!!!!」と驚きを報告。

 「何故なら昨夜マコちゃんと話してる時 私は『明日は22人の感染者が出るよ』と予言していたからです」と知人に29日の新たな感染者を22人と予言していたことを明かした上で「22人!!!!!!気持ち悪い位 私の予言が当たってしまい鳥肌が立ちました」と続けた。

 また、小柳は「私は今テレビの番組欄を見て『コロナ』を取り上げるニュース 情報番組等 毎日 10番組は観てると思います」とコロナ関連のテレビを毎日10番組は観覧していることを明かし、「ここ迄観てコロナを勉強していると『傾向』が見えて来ます」「すると『対策』も分かって来ます。自分がどう言う『対策』を取りどう行動しなければならないか!!分かるのです!!政府の東京都の出すガイドラインに頼らなくても指示を待たなくても自分の判断で動けるのです!!」と持論を展開。

 「皆さんご存知の通り凄い試合数サッカーを観ていると勝敗や得点 誰が点を獲るか…等大体分かって来るものです。サッカーは当たると嬉しいのですが…。まさかコロナを予言するとは(あまり喜べない)と趣味であるサッカー観戦を引き合いに最後まで驚きが隠せなかった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年5月29日のニュース