「どつかれるかも分からへんけど」 岡村隆史明かす チョコに「和田アキ子様」と書かれていた理由

[ 2020年5月29日 11:26 ]

「ナインティナイン」の矢部浩之(左)と岡村隆史
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史(49)が28日深夜のニッポン放送「ナインティナインのオールナイトニッポン(ANN)」(木曜深夜1・00)で、歌手・和田アキ子(70)の「私物」をめぐる楽屋話を明かした。

 「これ言うたらオレ、アッコさんにどつかれるかも分からへんけど…」と前置きし、同局でディレクターから「アッコさんからです」とチョコレートを渡されたエピソードを紹介。直ぐに「御礼せなあかんな」と連絡しようと思ったという。

 ところが少し前に交わした和田との電話ではチョコレートの話題は出ず、箱にも「和田アキ子様」と書いてあった。「おかしいな…」とよく調べてみると和田が食べるために冷蔵庫で保管するチョコと判明。

 「アッコさんの私物(でも)、“アッコさん”って名前が書いてないと冷蔵庫で(保管してて)も誰かが食べてまうらしい。みんなのチョコみたいに。“アッコさん”って書いといたら誰もやっぱ手つけんらしい」と話すと、相方の矢部浩之(48)も「まぁそりゃ名前が強い」からだと同調した。

 岡村は「もうちょっとでオレ、意味が分からんさぁ。アッコさんに“チョコレートありがとうございました”って連絡入れて“何のこと?”」と言われるところだったと振り返った。

 番組はこの日から生放送ではなく、収録での対応となった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年5月29日のニュース