中川家 コンビでウーバーイーツ挑戦? 剛が提案「サイドカーで」

[ 2020年5月26日 12:51 ]

中川家の剛(左)と礼二
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「中川家」の中川剛(49)が25日深夜放送のMBS「痛快!明石家電視台」(月曜後11・56)に出演し、外出自粛期間中のだらけた生活ぶりを明かした。

 明石家さんま(64)から最近の過ごし方を聞かれた剛は「寝てるか、ドーナツ食べてるか。ケツかきながらドーナツ食うか…」、「空見て、『明日、晴れやなあ』とか『雨やなあ』とか」と、ぐうたらに過ごす日々を告白。村上ショージ(64)から「そんなのやってる場合じゃないぞ。おもしろいネタ、考えとけ」と指摘されると、剛は「ウーバーイーツ(の配達員)をやろかなと思ってるんですけど、ダメですかね。2人で」と明かした。

 あまり本気度が伝わらない宣言だったが、弟の相方・礼二(48)から「やりひんって」と拒否の姿勢を取られると、剛は「サイドカーで」と、まさかのコンビ配達を提案。さらに「さんまさんもウーバーイーツをやってほしい」と、さんまの挑戦も希望した。

 剛から「ウーバーイーツのカバンにデザインしよるんでしょうね」と話を振られたさんまは、「デーバー(出歯)イーツ」と一言。きれいすぎるオチに、礼二は「もう(オチが)決まってた」と突っ込んでいた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年5月26日のニュース