北斗晶、コメンテーターの依頼引き受けたワケ「そういう番組じゃないから大丈夫」

[ 2020年5月26日 17:58 ]

北斗晶
Photo By スポニチ

 タレントの北斗晶(52)が26日、TOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜後5・00)にリモート出演し、同番組のコメンテーターを務めることになった経緯を明かした。

 女子プロレスラー時代の「デンジャラスクイーンのイメージが強かった北斗さんが情報番組のコメンテーターを務めたことに驚いた記憶があります。どんな経緯で5時に夢中に出ることになったんでしょうか」と、視聴者から寄せられた質問に回答した北斗。

 当時、番組プロデューサーの大川貴史氏からオファーをもらったが「生放送って取返しがつかないじゃない、コメントすると。だから、私には難しいですって…」と断ろうとしたそう。すると「そういう番組じゃないから大丈夫」と大川氏は説得してきたという。

 そして06年から出演することに。「初めから雰囲気が、他の局の生放送と違って、スタッフさんも明るいし。生放送の緊張感がなかったね」と懐かしそうに回顧。「だから、歴代のMCの方々全員お世話になっている。いろんな人見てきたけど、やっぱり、ふかわりょうが最高よ」と、現在の番組MC・ふかわりょう(45)の名前を口にし、スタジオを沸かせていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年5月26日のニュース