アインシュタイン稲田、自分よりブサイクだと思う芸人明かすも…「悪口ではないです」

[ 2020年5月26日 17:54 ]

お笑いコンビ、アインシュタインの稲田直樹
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ、アインシュタインの稲田直樹(35)が26日、ニッポン放送「DAYS」(月~水曜後1・00)にゲスト出演し、自分より「ブサイク」と思っている芸人の存在を明かした。

 昨年行われた「よしもと男前ブサイクランキング」のブサイク部門で、2位のEXIT・りんたろー。(34)に約13万票の差をつけ王者に輝いた稲田。相方・河井ゆずる(39)いわく、稲田がバイク用のフルフェースヘルメットをかぶるもアゴだけはみ出て、「広島の連れのところに遊びに行って、着いたら排気ガスでアゴだけ真っ黒になっていた」こともあったという。

 そんな稲田に、リスナーから「自分よりブサイクだと思う芸人は誰ですか?」との質問が寄せられた。稲田は「ジュニアさんです」と返答、先輩・千原ジュニア(46)の名前を挙げた。

 稲田はジュニア本人にもその意思を伝えているそう。「優しいジュニアさん」としたうえで「顔長いし、あとは目も二重じゃないし。ジュニアさんが真っ先に(浮かんだ)。ほんこんさんとか(フットボールアワー)岩尾さんとかは可愛げがあっていいんですけど、ジュニアさんは可愛げもない」とバッサリ。

 番組パーソナリティーの中川家に「おらんとこであんまり言うな」と諭された稲田は、リスナーからの質問に答えたため「悪口ではないです」と自身のスタンスを強調。「ジュニアさんも僕の顔をイジってくださるんですけど、その時なんか、なんか…不思議な時間やなって思います」と淡々と続け、スタジオの爆笑を誘った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年5月26日のニュース