テレ東「モヤさま」「ゴッドタン」原点 01年お笑い番組のVHS発掘、今夜公開!佐久間P「前代未聞」

[ 2020年5月26日 11:00 ]

「浦和から持ってきて!」で紹介される2001年のお笑い番組「ダチョウ&さまぁ~ずの若手で笑っちゃったよ!」に出演した若手時代の「おぎやはぎ」(上)と劇団ひとり(C)テレビ東京
Photo By 提供写真

 テレビ東京の現役プロデューサーが“門外不出のテープ”を紹介する異色の番組「浦和から持ってきて!」は26日深夜0時12分から、第2回が放送される。

 同局に入社したアシスタントディレクター(AD)は“門外不出のテープ倉庫”「浦和アーカイブセンター」にある過去素材を検索する業務にあたる。作業中、信じられない映像を目撃し「動揺・洗脳・絶望を経て…他局のような“キラキラした番組”が作れない体になってしまう」という。中でも今回は、テレ東の“洗礼”を浴びてきた名物プロデューサー4人が「今こそ『浦和から持ってきて』ほしい」衝撃のVTRを紹介する。

 「モヤモヤさまぁ~ず2」「緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦」などの伊藤隆行氏(入社26年目)、「ゴッドタン」「青春高校3年C組」などの佐久間宣行氏(入社22年目)、「家、ついて行ってイイですか?」などの高橋弘樹氏(入社16年目)、「ハイパーハードボイルドグルメリポート」などの上出遼平氏(入社10年目)がリモート出演。「記憶に残る番組」「自分が関わった思い出深い作品」の裏側を語る。

 第1回(19日深夜0・12)の担当は伊藤P。「あれ、見たくない?」と佐久間Pと初制作したお笑い番組「ダチョウ&さまぁ~ずの若手で笑っちゃったよ!」(2001年12月8日放送)を挙げ、お笑いコンビ「おぎやはぎ」や劇団ひとり(43)が「ネタをやっている若手芸人だった頃の映像が残っていたら、見てみたい」とチョイスした。

 「伊藤さんは、さまぁ~ずさんと出会ったのがその番組」(佐久間P)「『モヤさま』と『ゴッドタン』の源流?」(高橋P)「ここから(『モヤさま』と『ゴッドタン』が)生まれたと言っても過言ではない」(伊藤P)と話も盛り上がったが、高橋Pからは「テープが消去されていて…」とまさかの報告。伊藤Pは「ないの?え!?」と驚くしかなく、18日、自身のツイッターで「【急募!】誰か持ってませんか?」と視聴者に呼び掛けた。

 そして、佐久間Pは20日深夜放送のニッポン放送「佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)」(水曜深夜3・00)で伊藤Pから電話があったことを報告。「伊藤さんが、オレのデスクを整理していたら、『若手で笑っちゃったよ!』が出てきた、と。それで、渡されたデープがVHSだったのよ(笑)。家庭より画質が悪いんだよ(笑)。家庭より画質が悪いVHSテープで『若手で笑っちゃったよ!』が届いたんですが、結局、来週(26日)VHS流します。前代未聞だと思うんだけど(笑)」と予告。ついにテレ東人気バラエティーの“原点”がベールを脱ぐ。

 26日深夜に放送される「浦和から持ってきて!」第2回の担当は佐久間P。この「ダチョウ&さまぁ~ずの若手で笑っちゃったよ!」のほか、暴風雨に見舞われた2013年「第36回隅田川花火大会」中継、「TVチャンピオン」(3分料理人選手権、ママチャリ王」「極楽とんぼのこちらササキ研究所」(指揮者は誰でもなれるのか?、日本の鎧VS西洋の甲冑)を紹介予定。

 ▼伊藤隆行プロデューサー テレビ東京の伝説番組はすべて衝撃映像です。信じられないのです。何で、こんなヤバい番組を放送できたのか?ガチのハプニングやほぼ放送事故を全力放送してきた我が社の55年史は笑えて泣けます。自宅に籠る今だから…現在では考えられない衝撃作の数々を勇気を振り絞って大放出しちゃいます。視聴者の皆さまにおかれましては、覚悟を持ってご覧ください。相当な破壊力です。(あ、、自分自身の黒歴史も暴かれます。マズいな…封印したはずのアノ問題作が…仕方ないか…)

 ▼佐久間宣行プロデューサー テレビ東京に勤務して20年。端っこのテレビ局でしか味わえない奇妙な収録&生放送をいくつも体験してきました。普段の傑作選や華やかな開局記念特番では決して世に出ることのない奇妙な、けど面白い映像の数々。いつか見ていただきたいと思ってました。是非!

 ◆「浦和から持ってきて!」第1回(19日放送)紹介VTR 「モヤモヤさまぁ~ず2」「人妻温泉」「やりすぎコージー」「生中継!モーニング娘。卒業 後藤真希 ファイナル・ステージ」「ASAYAN 」「愛の貧乏脱出大作戦」

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年5月26日のニュース